読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旭川龍谷高等学校図書局blog 本の虫

卒業式は3月1日(水)です。

2014年度新着本12・吉田重人・岡ノ谷一夫「ハダカデバネズミ 女王・兵隊・ふとん係」(岩波書店)

ハダカデバネズミ―女王・兵隊・ふとん係 (岩波科学ライブラリー 生きもの)

ハダカデバネズミ―女王・兵隊・ふとん係 (岩波科学ライブラリー 生きもの)

 

ハダカデバネズミー!

呪文のように、大声で叫ぶとすっきりする名前ですね。

 

知る人ぞ知る岩波書店の「岩波科学ライブラリー シリーズ〈生きもの〉」の一冊です。このシリーズからは、クマムシヒドラシロアリフジツボなどそんじょそこらでは見つからない生物の本が出されています。

 

「ハダカデバネズミ」=「裸・出歯・鼠」

読んで字の如く。なんてひどい言われ様だ。一体どんな生き物なんだ?

と、名前だけで人の興味をガッチリつかみます。

そして副題の「女王・兵隊・ふとん係」。まぁ、女王アリと働きアリみたいなのね。

ふとん係…? 布団・蒲団…。

この名前にやられた君は、もうこの本を読むしかない!

 

表紙のすみっこにちっちゃく描かれた女王ハダカデバネズミ。

べつやくれい氏のイラストですが、なぜ氏が挿絵担当になっているかは、↓の記事を著者の方々が気に入ってお願いしたという経緯があります。

@nifty:デイリーポータルZ「ハダカデバネズミを見る人々」(2006/7/22)

@nifty:デイリーポータルZ「ハダカデバネズミとふれあう」(2009/2/12)

 

 

↓  以下の2施設で実物を見られるそうです。北海道からは 遠いなぁ。

 (2008年11月出版当時に紹介されていた千葉大学サイエンスプロムナードでのハダカデバネズミ展示は、2015年現在終了している模様です)→リンク先3ページ下部記載

埼玉県こども動物自然公園どうぶつたち→小動物とネズミのなかまたち→下へスクロールしハダカデバズミの項目へ

ハダカデバネズミTV【DAY3】@埼玉県こども動物自然公園 - 2014/08/25 10:00開始 - ニコニコ生放送』(リンク先は画像のみ・有料会員だと動画がタイムシフト視聴できます)

上野動物園東京ズーネット・どうぶつ図鑑・ハダカデバネズミ

 

↓ ネットの海を漂っていたらこれを発見!

慶應義塾大学 医学部生理学教室 岡野研 ハダカデバネズミグループ

から

北海道大学 遺伝子病制御研究所 動物機能医科学研究室 三浦研

に研究の場所が変わっているようです。

 

三浦恭子さんという研究者が慶應大学から北海道大学に異動されて、なんと我らが北海道大学においてハダカデバネズミさんたちがぬくぬくと生息されているようです。(一気に身近に感じる)

デバ日記で、本書で語られている生態が垣間見えます。

 

ハダカデバネズミを研究したい若者はぜひ北の大地北海道へ!

 

 

↓他者の書評はこちら

読書メーター・吉田重人・岡ノ谷一夫「ハダカデバネズミ 女王・兵隊・ふとん係」(岩波書店)

ブクログ・吉田重人・岡ノ谷一夫「ハダカデバネズミ 女王・兵隊・ふとん係」(岩波書店)