旭川龍谷高等学校図書局blog 本の虫

長らく放置してしまいましたが、2018年11月13日(火)よりブログ再開します。

2018年度新着図書1(7月)・ぬまがさワタリ「図解 なんかへんな生きもの」(光文社)、前野ウルド浩太郎「バッタを倒しにアフリカへ」(光文社文庫)

7月に入った新着図書を今更ながら紹介していきます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ぬまがさワタリ「図解 なんかへんな生きもの」(光文社)

図解 なんかへんな生きもの

図解 なんかへんな生きもの

 

  ↓ ぬまがさ氏のブログとtwittertwitterのほうが頻繁に更新されています。本書もtwitterでの掲載が話題となって書籍化されました。 

numagasa.hatenablog.com

twitter.com

表紙が中身を表している、親切設計の本です。このようなオール手描きオールカラーで40種の動物が紹介されています。特に驚異の生態である『クマムシ』が良いです。

 

 ↓ なななんと、今月下旬からあの『ネイチャーテクニカラー』社より、『へんな生きものハンカチ&ポーチ』カプセルトイ(ガチャガチャ)が発売されます。あの『ネイチャーテクニカラー』社のウェブサイトを覗けば、生き物好きはフィギュアコンプリート欲が掻き乱されます。

twitter.com

 

naturetechnicolour.com

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前野ウルド浩太郎「バッタを倒しにアフリカへ」(光文社新書

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)

 

アフリカはサハラ砂漠の西にあるモーリタニアで、サバクトビバッタと闘った前野ウルド浩太郎氏の闘いの記録です。

 

 ↓ モーリタニアとは何処ぞ?

モーリタニア・イスラム共和国 | 外務省

在モーリタニア日本国大使館

 

 ↓ 前野氏のtwitter。トップにバッタがぎっしり写った写真が出ますので、虫が苦手な人は注意です。

twitter.com

 

 ↓ 本が出る前にNATIONAL GEOGRAPHICに連載された前野氏のバッタ話です。

natgeo.nikkeibp.co.jp

 

 ↓ Youtubeにある、前野氏のトークショー

www.youtube.com

 

 ↓ 栄えある第6回ブクログ大賞2018エッセイ・ノンフィクション部門を受賞されました。著者コメントも載っています。

booklog.jp

 

 

 

ここ最近、俳優の香川照之氏がNHKで体を張って虫の楽しさを伝えているせいか、虫好き界隈が賑わっています。

www.nhk.or.jp

 

 ↓ 2年ぶりの開催がつい先月終了してしまった『昆虫大学』という虫好きの集まりがあります。各講師陣・教授陣のこれからの動向を見守るのもまた楽し。

www.konchuuniv.com

 

夏休みも遠くになりにけりですが、NHKラジオの夏休みこども科学電話相談では、各分野の専門家がお子様たちの熱き相談により熱くお答えなさっていました。並びのトップが『昆虫』というのもまた良き。

www.nhk.or.jp

  

 ↓ バッタつながりで、北海道帯広市周辺の十勝平野を開拓した依田勉三(よだ・べんぞう)率いる晩成社(ばんせいしゃ)がバッタ被害に遭うエピソードがあります。1880年代~1890年代頃。明治20年代頃。16ページ。

荒川弘百姓貴族②」(新書館

百姓貴族(2) (ウィングス・コミックス)

百姓貴族(2) (ウィングス・コミックス)

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 ↓ 旭川龍谷高校の蔵書にある真面目に面白い動物エッセイの数々。

川上和人「鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。」(新潮社)

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。

 

 

川上和人「そもそも島に進化あり」(技術評論社

そもそも島に進化あり (生物ミステリー)

そもそも島に進化あり (生物ミステリー)

 

 

川上和人「鳥類学者 無謀にも恐竜を語る」(技術評論社

鳥類学者 無謀にも恐竜を語る (生物ミステリー)

鳥類学者 無謀にも恐竜を語る (生物ミステリー)

 

 

松原始「カラスの教科書」(雷鳥社

カラスの教科書

カラスの教科書

 

 

松原始「カラスの補習授業」(雷鳥社) 

カラスの補習授業

カラスの補習授業

 

 

 

「ゼロからトースターを作ってみた」トーマス・トウェイツ[著]、村井理子[訳]

2018年度が始まって、7ヶ月半が経ってしまいました。長らく放置していたこちらのブログをやっと書けるようになりましたので書きます。

復活第1号は「ゼロからトースターを作ってみた」トーマス・トウェイツ[著]・村井理子[訳] 

ゼロからトースターを作ってみた

ゼロからトースターを作ってみた

 

タイトルの通りのことをトウェイツ氏は行いました。作った結果が表紙の物体です。

はい、この『でろでろ』がゼロから作ってみたトースターです。

 

鉄・マイカ・プラスチック・銅・ニッケルというトースターの原材料を採掘し、精製するのが、文章の大部分を占めています。執筆当時、ロイヤル・カレッジ・オブ・アート(イギリス・ロンドンにある国立の美術大学

www.rca.ac.uk

の学生であったトウェイツ氏が在住しているイギリス国内で、原材料のうち3種(鉄・マイカ・銅)の鉱山が存在しているという記述にさすが産業革命の国だなと思います。

 

では残り2種の採掘にはいよいよ国外へ!となるかは読んでのお楽しみ。

 

RCAのウェブサイトMENUから、1行目のDEGREE PROGRAMMESをクリックすると、4種類の大学名?が出てきます。多様な学部があって、芸術に興味のある中学生・高校生は将来の進学先として検討してはいかがでしょう?

 

 

 

  ↓ TEDテッドご存知ですか?2010年のロンドンで、トウェイツ氏がトースター作りに関して語っている動画です。transcript 各国語字幕が29語もあります。気軽に見慣れない文字を目にする楽しみもあります。

www.ted.com

 

  ↓ ご本人のウェブサイト

http://www.thomasthwaites.com/

 

 ↓ トウェイツ氏の他の著作(旭川龍谷高の蔵書にはありません)

「人間をお休みしてヤギになってみた結果」 

人間をお休みしてヤギになってみた結果 (新潮文庫)

人間をお休みしてヤギになってみた結果 (新潮文庫)

 

 ↓ 試し読みできます。 

kangaeruhito.jp

 

 

  ↓トウェイツ氏の2著とも翻訳している村上理子氏のエッセイです。

心臓疾患から突然の入院・手術エピソードを、ぐいぐい読ませる筆致で描いています。特に、退院され日常生活が戻ってきた時の幸福感の描写を読むと、こちらまで晴れやかな気分になります。

kangaeruhito.jp

 

 

 ↓ 最後に、今回のゼロから現代社会の道具を作るという点で似た本を紹介します。(これまた旭川龍谷高の蔵書にはありませんが、司書は買いました。) 

「この世界が消えたあとの 科学文明のつくりかた」ルイス・ダートネル[著]、東郷えりか[訳]

この世界が消えたあとの 科学文明のつくりかた

この世界が消えたあとの 科学文明のつくりかた

 

 

 

豊島ミホ・著「大きらいなやつがいる君のためのリベンジマニュアル」(岩波ジュニア新書)、「底辺女子高生」(幻冬舎文庫)

冬休み明け、学校に行きたくない高校生へ。

 

「大きらいなやつがいる君のためのリベンジマニュアル」

北海道は来週あたりからぼちぼち冬休みが終了して学校が始まります。

「またあの世界へ自分を置かなければならないのか」と悶々としている夜でしょうか。

「あいつらさえいなければ教室に行けるのに」とカーテンを閉めている昼でしょうか。

そんなあなたに素敵なリベンジマニュアルのご紹介です。

 

リベンジ=復讐となれば何をしたいですか。

あいつらを●●●して××を晒して■■■してやりますか。

この場合、外へ向けるとただの暴力行為、内へ向けると自傷・自殺となり、自分が警察のお世話になったり、健康を害したりするだけです。悲しい思いを○年している自分がどうして損をしなければならないのでしょう。

 

なにも物理的に破壊行動を起こすことだけがリベンジ=復讐ではありません。

では他にどんな復讐の仕方が!と、藁に縋る思いであろう現役中高生へ紹介したいこの本です。

豊島さんは高校におけるある出来事から「相手ルール」に自分の行動を従わせてしまった10年を送り、そこから「自分ルール」で生きていくことを決意した過程が描かれています。

 

 

 

 ↑ の158ページで言及されていた「底辺女子高生」です。

底辺女子高生 (幻冬舎文庫)

底辺女子高生 (幻冬舎文庫)

 

以下引用(158ページ5~7行目)

“私には『底辺女子高生』というエッセイの著作があります。” (中略) “学校の図書室にある確率は『檸檬のころ』に比べると低そうですが”

引用終わり

 

と、あります。

 

なんの、なんの。うちの蔵書では豊島さんの著作の中で一番読まれているのが「底辺女子高生」ですよ。読まれ過ぎて初代は行方不明だ。(いわゆる借りパクだ)

だから2冊目買いましたよ。

上記の2冊を読んだ女子は大変感銘を受けた様子で「豊島先生に伝えたい」旨をつぶやいていたので、私は「後ろの奥付のな、発行所の住所にお手紙を書きたまえ」と伝えました。お手紙は書いたかのぅ?

 

 

 

 

 ↓ 上記2冊以外の豊島ミホ蔵書

檸檬のころ」

檸檬のころ

檸檬のころ

 

 

 「初恋素描帖」

初恋素描帖 (ダ・ヴィンチブックス)

初恋素描帖 (ダ・ヴィンチブックス)

 

 

「ぽろぽろドール」

ぽろぽろドール

ぽろぽろドール

 

 

 「夜の朝顔」 

夜の朝顔 (集英社文庫)

夜の朝顔 (集英社文庫)

 

  

 「エバーグリーン」

エバーグリーン

エバーグリーン

 

 

 「神田川デイズ」

神田川デイズ

神田川デイズ

 

 

 

豊島さんの著作は「青春ってぐるぐるするものね」(良きにつけ悪しきにつけ)という印象です。

それだけ多様な人間が描けています。もしかして、クラス内人間関係に汲々としている現役中高生が読んだら己と比較して余計苦しくなるかもしれない。

その分、中高生の親世代に「ああ、中学、高校時代は苦しいものだった」と今一度、娘息子の大変な毎日を慮ってほしい。

 

 

 ↓ 現在進行形の豊島さん。どうやら御結婚され、御子が生まれたようです。

『底辺女子高生』ばかり読んでいるこちらとしては「立派になって!」という感じです。

toshimamiho.info

学校行きたくない高校生に2017年12月12日付「いのちのおもみは過去にある」を読んでほしい。

 

 ↓ あ、これも読んでください。

toshimamiho.info

 

2016年度新着図書23(1月)・川崎悟司「ハルキゲニたんの古生物学入門 古生代編」「中生代編」(築地書館)

 

わたし、ハルキゲニたん!

お花も(背中のトゲに)挿して(刺して)かわいいでしょ?

(だがしかし、一部の人には気持ち悪がられる。何故だ。) ハルキゲニア画像

 

ハルキゲニたんの古生物学入門 古生代編 ←書店サイトで詳しい内容が読めます。

ハルキゲニたんの古生物学入門 古生代編

ハルキゲニたんの古生物学入門 古生代編

 

↓ 試し読みできます。

http://www.tsukiji-shokan.co.jp/mokuroku/hon-imgs/1511-74-75.jpg

 

 

アノマロカリスは麻呂になっております。

ハルキゲニたんの古生物学入門 中生代編

ハルキゲニたんの古生物学入門 中生代編

ハルキゲニたんの古生物学入門 中生代編

 

http://www.tsukiji-shokan.co.jp/mokuroku/hon-imgs/1512-84-85.jpg

 

 

↓ 著者・川崎悟司氏のブログ

ameblo.jp

 

 

 

どちらもカンブリア紀のかわいさ大爆発期にいた生物です。

カナダのバージェス頁岩(けつがん・と読みます)から発見された化石により、知られるようになったカンブリア紀の生物。20年くらい前にNHKが特集番組で取り上げたことを覚えています。その時、アノマロカリスの動く模型をプールで泳がせていた研究機関はどこだったろう?

 

↓ こちらの個人ブログでわかりました。

1994年のNHKスペシャル「生命 40億年はるかな旅」でした。

mitikusa.lekumo.biz

蒲郡市生命の海科学館がなにやら「アノマロちゃん」を推しているようです。

【生命の海科学館】 ミュージアムショップ - 愛知県蒲郡市公式ホームページ

 

 

 

カンブリア紀が知られるようになったきっかけの本。(蔵書にあり)

ワンダフル・ライフ―バージェス頁岩と生物進化の物語 (ハヤカワ文庫NF)

ワンダフル・ライフ―バージェス頁岩と生物進化の物語 (ハヤカワ文庫NF)

 

 

 

2016年度新着図書22(1月)・「マンガ西洋美術史②、③」(美術出版社)

 

視覚デザイン研究所とともに美術関係で楽しい出版社が美術出版社

 

画家の功績をマンガという形で初心者の興味を引くように、そして作品を描いた時の画家の心情に共感できる表現でまとめた本です。

なんと監修があの「怖い絵」シリーズで有名な中野京子先生だから面白さ間違いなし!

怖い絵 (角川文庫)

怖い絵 (角川文庫)

 

 「怖い絵」が展覧会になる!

www.kowaie.com

 

 

 

 

 

↓ 出版社サイトの紹介ページ

www.bijutsu.press

 

www.bijutsu.press

 

司書が個人的に好きなピーテル・ブリューゲル(父)の『雪中の狩人』(1565年)

が載っておりました。そして『ベツレヘムの嬰児虐殺』(1565年頃)の父ブリューゲルと子ブリューゲルの作品比較もしてあり、深い美術ファンにも満足できる内容です。

(これに関連して「ブリューゲルの動く絵」(2013年)という映画も観ていただければなお理解が深まります。)

www.youtube.com

 

 

 

1巻は一昨年買いました。

www.bijutsu.press

 

 

 

↓ 蔵書にある美術出版社の本。1冊目と3冊目は増補新装ではない古い版があります。

増補新装 カラー版 世界デザイン史

増補新装 カラー版 世界デザイン史

  • 作者: 阿部公正,神田昭夫,高見堅志郎,羽原肅郎,向井周太郎,森啓
  • 出版社/メーカー: 美術出版社
  • 発売日: 2012/02/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
カラー版 日本デザイン史

カラー版 日本デザイン史

 
増補新装 カラー版世界服飾史

増補新装 カラー版世界服飾史

  • 作者: 深井晃子,古賀令子,石上美紀,徳井淑子,周防珠実,新居理恵,石関亮,横田尚美,筒井直子,椎名節、田中為芳、茂木功
  • 出版社/メーカー: 美術出版社
  • 発売日: 2010/03/24
  • メディア: 単行本
  • クリック: 2回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

2016年度新着図書21(1月)・アガサ・クリスティー「スタイルズ荘の怪事件」「ゴルフ場殺人事件」「ビッグ4」(早川書房クリスティー文庫)

 

スタイルズ荘の怪事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

スタイルズ荘の怪事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

 
ゴルフ場殺人事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

ゴルフ場殺人事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

 
ビッグ4 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

ビッグ4 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

 

 

 

2016年度新着図書20(1月)・白川紺子「下鴨アンティーク①~⑤」(集英社オレンジ文庫)

 

いわゆる『人の死なないミステリー』ジャンルです。

1冊の中に4~5話含まれ、それに関係する文物が全て表紙イラストに描かれているのが面白いところです。

読む前は意味の分からなかった音符や金魚、稲妻など、読み終わってみると「ああ!」となります。

 

下鴨アンティーク アリスと紫式部 (集英社オレンジ文庫)

下鴨アンティーク アリスと紫式部 (集英社オレンジ文庫)

 
下鴨アンティーク 回転木馬とレモンパイ (集英社オレンジ文庫)

下鴨アンティーク 回転木馬とレモンパイ (集英社オレンジ文庫)

 
下鴨アンティーク 祖母の恋文 (集英社オレンジ文庫)

下鴨アンティーク 祖母の恋文 (集英社オレンジ文庫)

 
下鴨アンティーク 神無月のマイ・フェア・レディ (集英社オレンジ文庫)

下鴨アンティーク 神無月のマイ・フェア・レディ (集英社オレンジ文庫)

 
下鴨アンティーク 雪花の約束 (集英社オレンジ文庫)

下鴨アンティーク 雪花の約束 (集英社オレンジ文庫)

 

 

 

↓ 試し読みができます。

orangebunko.shueisha.co.jp

 

↓ 下鴨紹介記事

orangebunko.shueisha.co.jp