旭川龍谷高等学校図書局blog 本の虫

卒業式は3月1日(水)です。

2015年度新着図書41(3月)・國廣幸亜「実録!介護のオシゴト①~⑤」(秋田書店)  (廣の字はまだれです)

コミックエッセイというジャンルはいわゆる「マンガ」な中身なので、「国語能力!」「文章教育!」「長文読解!」といった教育的目標の課題図書には成りえませんが、扱っている内容はとても現実的で身近な話題ばかりです。だから生徒にはよく触られる=ページを捲ってもらえる本です。(文学全集などは「難しそう」と素通りです)

蔵書にある大判サイズコミック(「日本人の知らない日本語①~④」「よちよち文藝部」「先生と僕~夏目漱石を囲む人々~ 全4巻」「日本人なら知っておきたい日本文学」「ぼおるぺん古事記全3巻」「マンガ西洋美術史全3巻」)も、文章沢山が苦手な生徒に好評です。

 

 

実録!介護のオシゴト―楽しいデイサービス (Akita Essay Collection)

実録!介護のオシゴト―楽しいデイサービス (Akita Essay Collection)

 

 

実録!介護のオシゴト 2―楽しいデイサービス (akita essay collection)

実録!介護のオシゴト 2―楽しいデイサービス (akita essay collection)

 

 

 

実録!介護のオシゴト 4 オドロキ介護の最前線!! (akita essay collection)

実録!介護のオシゴト 4 オドロキ介護の最前線!! (akita essay collection)

 

 

実録!介護のオシゴト〈5〉オドロキ介護の最前線!! (Akita Essay Collection)
 

 

作者の國廣幸亜(くにひろ ゆきえ)さん(各巻中央の頑張っている人)がマンガ家への挑戦中にホームヘルパー介護福祉士として働き描いたマンガで す。1巻(07年刊)には「5年間働いた」とあり、5巻(14年刊)で「もう10年以上描いている」とありますが、2016年現在はマンガ家一筋か現役介 護士かが不明です。

1話が4コママンガ7~11本入りの4~6ページ。1冊で20話~30話。

デイサービス・訪問介護・老人介護保険施設・有料老人ホームで働いた様子を可愛らしい2.5頭身キャラで描いています。

 

基本的に出だしはどんな暴言・衝撃キャラで登場の利用者さんも、最後のコマではしんみり・感動エピソードで締めているので、読むほうはそんなに苦しくなりません。どんな人にもその人が歩んできたその人の人生があるんだとしみじみ実感できる話ばかりです。

そして、喜怒哀楽を惜し気なく出している利用者さんを見ると「自由だな」(たとえ周囲が大変でも)と思い、どんなに記憶が覚束なくなっても打ち込んできたことの記憶(職業や趣味)って無くならないだと思いました。

 

と、 そんな感想を読者に抱かせる作者は実はすごい手腕なのではと思います。絵は可愛らしいですが、出てくる暴言・暴力は冷静に考えると「これに毎日晒される職 員の精神は大丈夫なのか」と心配になるレベルです。普通に愚痴・悪口満載マンガにするほうが簡単です。しかし、必ずどんな人にも良い面を見つけ出してほん わか良い方向に終わらせるのは並大抵の技術ではないです。

高校卒業後に介護の道へ進む生徒が多いので入れました。が、現在介護をしている家族の方・施設で働く方が読むほうが、「あるあるエピソード」「うちだけじゃなかった」と少しでも心が軽くなるのではないでしょうか。

 

※余談ですが、高級住宅街にあるデイサービスでの話には、数々の富豪の方が登場されて庶民とは違う世界が垣間見えます。