旭川龍谷高等学校図書局blog 本の虫

卒業式は3月1日(水)です。

2014年度新着本4・金子秀之「新版 世界の公共広告」(玄光社)

新版 世界の公共広告 (コマーシャル・フォト・シリーズ)

新版 世界の公共広告 (コマーシャル・フォト・シリーズ)

 

 

 

著者は50年ほど前に資生堂のTVCMを手掛けたのち博報堂へ移り、ずっと広告畑を歩んできた方です。世界各国の広告にも造詣が深く、それらをまとめ13年前に出した本↓の続編が今回紹介する「新版~」です。(こちらも所蔵しています)

世界の公共広告―世界は「公共広告」のテーマに満ち満ちている

世界の公共広告―世界は「公共広告」のテーマに満ち満ちている

 

 

公共広告とは、『物を売らない、会社名のない』広告だそうです。(裏表紙より)

本書には以下の11のテーマに沿った世界各国の公共広告が載っています。

・平和と紛争

・環境問題

生物多様性

・交通安全

・アルコール・タバコ・ドラッグ

・医療

・子供への性的虐待

家庭内暴力

・美術館・図書館

・人権

尊厳死

 

適当にパッと開いても、どのページも『うぉぉぉ』と唸らされる広告ばかりです。

中には『これが日本の街角に貼ってあったら衝撃が走るな』と感じるものも多々あります。日本にいると考え付かない表現方法もあり、思考がシェイクされる感覚が気持ち良い一冊です。

  

司書が面白いと思ったのは、108ページの『ハリウッドが読む前に原作を読みましょう』(チェコ)ですね。

 

↓他者の書評はこちら

読書メーター・金子秀之「新版 世界の公共広告」(玄光社)

ブクログ・金子秀之「新版 世界の公共広告」(玄光社)